徒然なるままに呟き

わたくしこと、ひろびろの壺をつらつらと焼いた無責任ゾーンです。(違) いわゆる雑記です。

★お知らせ:('10/1/3)高レベルノビ・スパ公平PT募集について

[Home] [管理人へメッセージ] [雑記にコメント] [RSS]

hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.3

先月 2012年01月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HNS logo

2012年01月04日(水) [n年日記] 今日は何の日

#1 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス] 最近みて気になったニコマス動画

春香@メール〜雪歩編〜:

  春香@メール〜雪歩編〜
 ばねP。

 見ると元気が出るので好きなシリーズです。シリーズといってもどこからでも見られるようになっています。
 今回は、割と待ってた雪歩編が誕生日動画できました。
 雪歩と春香さんはお茶とお菓子の関係という比喩がそのまんま当てはまるような雰囲気です。
 雪歩がピクッと反応するのが細かくもカワイイですね。
 殆ど短編として見られるようにできていますが、これまでの話も毎回絡めてくるのが良いですね。特に今回の雪歩の問いかけはこれまでの話があるからいきてくるのだと思います。

星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』3:

  星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』3
星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』3  星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』3

 イマジンP。

 前回の終わりでいよいよ本題に入った感じの今回ですが、リメイク前を知っていると「実は・・・」という話が多く、見応えがありました。よく出来ているので感心しきりです。それとも最初からそういう風な設定だったのか。いずれにしても話に厚みが出ています。
 それにしてもさんさんの存在は大きいですね。大きくなりましたね。私はこのシリーズでは菜緒さん推しなのですが、さんさんの存在の大きさは良く感じます。話の流れ上もそうですし、雰囲気づくりも。さんさんいなかったら、全く別の話になっちゃうんじゃないでしょうか。っていう仮定は無意味なんですが(仮定じゃないし)。
 能力面では完璧すぎる菜緒さんですが、さんさんがいないと脆いですよね。本当にいて良かった、さんさん。
 今回も気になる引きなので、次回が楽しみです。

アイマスクエスト 111話 第八章15「もとにもどす」:

  アイマスクエスト 111話 第八章15「もとにもどす」
 ておくれP。

 5章以降、比較的流れに任せて受け手にまわっていたあずささんが遂に動く!
 それにしても集まったとはいえ、散々バラバラだったこの集団、まとまったりするのでしょうか・・・・。
 そして全員集合になるのでしょうか。記憶にないのですが、過去にも無いですよね。



2012年01月09日(月) [n年日記] 今日は何の日

#1 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス][イベント] 2011年下半期ニコマス20選に参加します


―――――――――――ここから――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2011年下半期(7月1日〜12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
―――――――――――ここまで――――――――――――――

 今期もなんとか時間がとれたため参加します。
 記事の構成は以下のようになっています。
  1. 2011年下半期ニコマス20選に参加します(これ)
  2. 2011年下半期ニコマス20選:リスト(20+1)
  3. 2011年下半期ニコマス20選:選択方法(戯れ言)
  4. 2011年下半期ニコマス20選:20選記事(20+1)
  5. 2011年下半期ニコマス20選:次点記事


 ちなみに、過去に参加したときのエントリは以下です。
  1. 2011年上半期ニコマス20選
  2. 2010年下半期ニコマス20選
  3. 2010年上半期ニコマス20選
  4. 2009年下半期ニコマス20選
  5. 2008年下半期ニコマス20選

2011年下半期ニコマス20選:リスト(20+1):

 選ばせていただいた20選のリストです。
 選出理由等の記事は後述します。順番についてもそこで触れます。
  1. 林檎もぎれビーム! 【HaRuKarnival'11】  hi-hoP
  2. 【アイドルマスター】シェリーにくちづけ【HaRuKarnival'11】  コワレミクP
  3. 【第7回MMD杯本選】カードキャプターな魔法少女  ネギバットP
  4. 【第7回MMD杯本選】Here It Goes Again (short ver.)  オバンドーP
  5. 765プロのみなさんのおかげです「食わず嫌い女王決定戦」一品目  ストラビンスP
  6. 春香@メール〜貴音編〜  ばねP
  7. 【生存戦略】ぷよm@s part27【しましょうか】  介党鱈P
  8. アイマスクエスト 107話 第八章11「激昂」  ておくれP
  9. 【卓m@s】ガンダム戦史 第二話 GUNDAM HISTORY 【ボードゲームノススメ】  ダイヤモンドP
  10. どんな仕事が来ても伊織ならやり抜く その9  大回転P
  11. 【シュヴァルツシルト】S H IDOLM@STER68 第八章Pパート 【HW2】  (・A・)P
  12. アイマスでアイマスの架空戦記を作ってみた  山川出版P
  13. 穴掘りシューゲイザー  覆面作家P 胸厚P
  14. 星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』2  イマジンP
  15. 【ノベマス】その体は、きっと夢で出来ていた【短編】  わっけいんさん
  16. EXTRA x 菊地真 【アイドルマスター】  HaruharaP
  17. 【第7回MMD杯本選】暑い夏の夜には春香さんで対象a  モモトトさん
  18. 日刊萩原雪歩 ソロ 『目が逢う瞬間(とき)』 スノーフレークリリパット  うずらP
  19. ライブ中のアイドル達【如月千早・天海春香】  かもっぱちP
  20. アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル  散髪屋P
  21. (サムネ一選) アイドルマスター 第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」  アイドルマスターアニメスタッフ(チャンネル:アイドルマスター)

2011年下半期ニコマス20選:選択方法(戯れ言):

 選考基準は『私が感銘を受けたモノ・共感したモノ』です。平たく言うと『気になったモノ・何回も観たモノ』です。ニコマスとして傑作かどうかとか、有名作、埋もれ名作、再生数の大小、という目では見ておりません。著しく個人的な基準となっています。
 但し私は全作を見ているわけではないため、私のアンテナ内で目に止まりやすいものしかないです。
 私がどんなモノを選ぶ傾向なのかは、 マイリスト を見ていただくと何となく分かると思います。
 あと削除されたり非公開なものも除外しています。

 今期の傾向としては、アイマス2やG4Uなどのゲーム本編やアニメを意識したものが気になりました。今年は公式の動きが激しく、自分自身公式を追いかけるので手一杯だった感があります。また公式で満足していた、というのもありました。その上で観たモノは、公式の内容を膨らませてくる作品でした。逆にいうと、絵や音がアイマスでも自分の中のアイマス像とずれているとピンと来なかったりします。そんなわがまま視聴者が選んだモノになります。

 そのような感じで今回選んだものを次から紹介します。


#2 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス][イベント] 2011年下半期ニコマス20選:20選記事(20+1)

 ここからは20選の記事になります。
 記事形式はいつもの通りです。
 動画のサムネ、私の印象に残ったスクリーンショット1枚 *1 、P名、紹介文、という構成です。
 スクリーンショットは、私が文章で伝えられる自信がないのと、文字を読まなくても見る人へ伝えたいことを伝えるために貼っています。
 紹介文は、見ていない人を前提とした文、私が感じ入ったところ、その他情報、という構成になっています。

 20選リストは前述の通りです。順番については以下のようなことを意識しています。括弧内の数字は動画数です。
  1. パンチの効いた導入(2)
  2. リラックス(2)
  3. 長時間(11)
  4. 重めのPV(2)
  5. 異色作、可能性に満ちた動画(2)
  6. トリ組(1)
  7. サムネ一選(1)

パンチの効いた導入(2)
まずテンションがあがりそうなものを紹介の最初に選びました。
リラックス(2)
テンションの高い動画のあとは、落ち着いていてリラックス出来るモノを選びました。
長時間(11)
ドカンっと長時間もの。ガッツリとした重量級の動画達です。時間は長いですが、その分見応え十分です。
重めのPV(2)
じっくり見られるPV、グワっとくるPVをどうぞ。
異色作、可能性に満ちた動画(2)
目から鱗だった動画です。
トリ組(1)
私が特に感じ入った動画です。
サムネ一選(1)
このサムネから漂うオーラはただ事ではありません!

///パンチの効いた導入(2):

 まずテンションがあがりそうなものを紹介の最初に選びました。
  1. 林檎もぎれビーム! 【HaRuKarnival'11】  hi-hoP
  2. 【アイドルマスター】シェリーにくちづけ【HaRuKarnival'11】  コワレミクP

林檎もぎれビーム! 【HaRuKarnival'11】:

  林檎もぎれビーム! 【HaRuKarnival'11】
 ハルカニ'11デビュー hi-hoP。

  • 「シンクロステージ」「Honey Heartbeat」「気がつけば虜だった」「春香さん」
  • シンクロの気持ちよさに虜になった動画です。ダンスシンクロだけではない映像シンクロもふんだんに取り込んでいてカメラワーク、カメラ切り替え、構図、流れ、アイドルの捕らえ方、あらゆるモノに気を配られています。それがあの複雑なHoney Heartbeatクインテッドをメインに使ってですよ。破綻しないだけでも驚くところが完全にモノにしているのですよね。
  • Honey Heartbeatクインテッドは個々のダンスが複雑過ぎる割にAutoカメラだと捉え切れていないダンスが多数あります。それが所々マニュアルカメラで拾われていているのも魅力です。見慣れたダンスにまだこんなに新しい発見があるんだと気づかせてくれます。
  • 今回切り出したスクリーンショットの切り返しダンスとかすんごい気持ちいいのですが、普段みるAutoカメラだと完全に埋もれているダンスなんですよね。
  • クインテットのAutoカメラは割とLongを主体に組まれていると思います。そうしないと訳が分からないからだと思います。クインテッドでUpやMidにすると個性は出るのですが全体の流れから浮いた感じになるのですよね。本作はこのUpやMidをうまくリズムに乗せているのが気持ちよいところなのかな、と感じました。
  • 過去に書いたエントリ(2011年07月27日(水))

【アイドルマスター】シェリーにくちづけ【HaRuKarnival'11】:

  【アイドルマスター】シェリーにくちづけ【HaRuKarnival'11】
 音もMMDも操る コワレミクP。

  • 「MMDステージ」「変声・・拡声器!」「大胆で気持ちの良いカメラワーク」「空気の作り方が秀逸」「春香さんカワイイ!」「春香さん」
  • 演出の気持ちよさが光るMMDステージPVです。
  • 小道具としてのメガホン、更に際立たせるMC、MCからくる春香さんの可愛さパフォーマンス、目を惹くカメラワーク、その場からは殆ど動かないにもかかわらずとてもそうは感じさせないステージパフォーマンス(でもMMDとしては動かしまくりで大変そう)、生放送用で低ビットレートであることを逆手にとったかのような雰囲気抜群のステージライティング、どれをとっても素晴らしいです。選曲もあいまって、盛り上がります。音も弄ってますよねぇ、これ。
  • 過去に書いたエントリ(2011年07月24日(日))

///リラックス(2):

 テンションの高い動画のあとは、落ち着いていてリラックス出来るモノを選びました。
  1. 【第7回MMD杯本選】カードキャプターな魔法少女  ネギバットP
  2. 【第7回MMD杯本選】Here It Goes Again (short ver.)  オバンドーP

【第7回MMD杯本選】カードキャプターな魔法少女:

  【第7回MMD杯本選】カードキャプターな魔法少女
 MMDベースボーラー ネギバットP。

  • 「MMD OP再現」「楽しい」「小鳥さんカワイイよ」「違和感が却って面白い」「小鳥さん」
  • 小鳥さんでカードキャプターさくらのOP再現です。モーションはもちろんのことミク調教も自作です。
  • 隙のない作りでありながら思いっきり振り切った発想の作品は実に楽しいですね。当時息が苦しくなるほど腹を抱えて笑いました。
  • 余りにも楽しすぎて、これ作るの大変だろうなぁという突っ込みをするのが野暮と感じるんですよね。まさにエンターテイメントな動画です。
  • 過去に書いたエントリ(2011年08月22日(月))
  • これのEX動画

【第7回MMD杯本選】Here It Goes Again (short ver.):

  【第7回MMD杯本選】Here It Goes Again (short ver.)
 振り付け師 オバンドーP。


///長時間(11):

765プロのみなさんのおかげです「食わず嫌い女王決定戦」一品目:

  765プロのみなさんのおかげです「食わず嫌い女王決定戦」一品目
 番組プロデューサー ストラビンスP。


春香@メール〜貴音編〜:

  春香@メール〜貴音編〜
 あれ?(のヮの)の人 ばねP。

  • 「ノベマス」「春香さんと他のアイドルのやりとりを楽しむ小話」「春香さん」「貴音」
  • 春香さんと765プロの他のアイドルのやりとりを1人1話ずつ取り上げるシリーズです。
  • この回は特に春香さんの魅力がよく分かる回でした。春香さんは人をよく見て気遣いしますからね。怒る時もあります。
  • このシリーズは優しい気持ちになれるので大好きです。
  • 過去に書いたエントリ(2011年09月11日(日))

【生存戦略】ぷよm@s part27【しましょうか】:

  【生存戦略】ぷよm@s part27【しましょうか】
 鱈の中身は女子小学生 介党鱈P。


アイマスクエスト 107話 第八章11「激昂」:

  アイマスクエスト 107話 第八章11「激昂」
 チーム ておくれP。


【卓m@s】ガンダム戦史 第二話 GUNDAM HISTORY 【ボードゲームノススメ】:

  【卓m@s】ガンダム戦史 第二話 GUNDAM HISTORY 【ボードゲームノススメ】
 ☆は移動します ダイヤモンドP。

  • 「架空戦記」「アイマスMMD最先端」「MMDでボードゲームをリアルに演出」「これは売ってたら買う」「真」「やよい」「雪歩」「千早」
  • GUNDAM HISTORYというボードゲームのルールに則って、MMD上で戦いをリアルに模擬したものです。大迫力です。
  • 嬉しい続編となりました。余りに労力がかかりそうで、続編は難しそうだったからです。
  • 大迫力で夢のある映像は健在です。
  • 今回の構成も実に見事です。まさかのOPで度肝を抜き、前回を繋ぐ説明、導入後のゲーム説明、シーンにピッタリマッチするBGMにSE、紙芝居部分と3D部分をうまく使い分け、観るモノのストレスを極力無くしています。ぼーっと魅入っていると余り気にならないのですが、カメラワークとか空間を感じさせる場面転換としてよく出来ています。
  • この動画の何よりの魅力は、こんなゲームをやってみたい!と思ってしまうところですよね。ハイ復唱、こんなをゲームやってみたい!
  • 過去に書いたエントリ(2011年05月09日(月) 一話)
  • 過去に書いたエントリ(2011年07月04日(月) 20選記事:一話)
  • 過去に書いたエントリ(2011年09月15日(木) 二話)

どんな仕事が来ても伊織ならやり抜く その9:

  どんな仕事が来ても伊織ならやり抜く その9
 回転するのは別のシリーズですがこちらも大立ち回り 大回転P。


【シュヴァルツシルト】S H IDOLM@STER68 第八章Pパート 【HW2】:

  【シュヴァルツシルト】S H IDOLM@STER68 第八章Pパート 【HW2】
 元は略語 (・A・)P。


アイマスでアイマスの架空戦記を作ってみた:

  アイマスでアイマスの架空戦記を作ってみた
 歴史とロボット 山川出版P。

  • 「架空戦記」「もしもPが目を醒まさなかったら」「春香さん」「美希」
  • 題名通りアイマス自身を題材にした架空戦記です。
  • ゲームシステムそのものを直接あつかうものは結構というかかなり少ないのですが(fake storyが凄いと思う理由の一つであるくらいに未だに少ない)、これはまさにゲーム本編を題材にして、ゲーム画面も露出させています。プレイ画面が出てくる、これがかなり珍しいです。
  • 話はゲームのifです。一言で言うとアツイです。逆境に対する熱さです。こういうの大好きです。
  • 最後の最後まで驚かせてくれる展開です。

穴掘りシューゲイザー:

  穴掘りシューゲイザー
 文章回しと世界観 覆面作家P 胸厚P。

  • 「ノベマス」「雪歩のロック」「雪歩」「千早」
  • 雪歩と千早が幼なじみというif設定のノベマスです。
  • この作品はアイドルの思考描写やアイドル同士の掛け合い描写が、細かく丁寧に描かれています。私がノベマスを見る大きな理由なので非常に嬉しい点です。
  • この作品での雪歩は、極限状況での弱々しい言動、弱音を吐く姿、自信がない、しかしその全てに、雪歩の強さが入っているという、絶妙な雪歩の描写をしています。そしてそれが最後にトンでもない形で、痛快な形で表れます。
  • 雪歩の魅力がたっぷり詰まっている作品です。
  • 過去に書いたエントリ(2011年09月14日(水))

星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』2:

  星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』2
 黒と烏龍茶をこよなく愛する イマジンP。


【ノベマス】その体は、きっと夢で出来ていた【短編】:

  【ノベマス】その体は、きっと夢で出来ていた【短編】
 想いを紡ぐ わっけいんさん。

  • 「ノベマス」「PVをコンセプト」「東豪寺麗香」
  • 魔王エンジェルネタで私がこういうのが見たかった、というのをまさにやってくれたノベマスです。
  • 観たときは本当に興奮し痛快でした。開始3分そこでそう返すif、それが観てみたかったのです。それをこんな形で見せてくれるとは本当にお見事でした。
  • その叫びはまさに東豪寺麗香の心の叫びに他ならなかった・・・そういう形にしたのが嬉しかったです。
  • 原作の終わりは魔王エンジェル視点でみると未完だと思っていました。やっぱりちょっと足りないと思っていたのです。しかし本作は、その気持ちを埋めるに十分な内容でした。
  • 惜しむらくはこの動画の長さでしょうね。尻込みした人が多く出ていると思います。
  • 短編ということでこの動画で完結していますが、世界観としては繋がっている 短編連作 が続いていますので、こちらもお勧めです。
  • 過去に書いたエントリ(2011年08月28日(日))

///重めのPV(2):

 じっくり見られるPV、グワっとくるPVをどうぞ。
  1. EXTRA x 菊地真 【アイドルマスター】  HaruharaP
  2. 【第7回MMD杯本選】暑い夏の夜には春香さんで対象a  モモトトさん

EXTRA x 菊地真 【アイドルマスター】:

  EXTRA x 菊地真 【アイドルマスター】
 ペロ師 HaruharaP。

  • 「手描きPV」「格好よく気持ちいい」「真」
  • 曲とダンスが織りなすリズム感と幻想的な色調と映像が気持ちの良い真誕生祭PVです。
  • こういうのは何も考えずに魅入っちゃいます。個人的に春香さんと雪歩が美しく映っているのも嬉しいところです。短い時間にギュッと詰まっていますので、1回だけじゃ物足りなくて何度も観たくなります。
  • 過去に書いたエントリ(2011年09月02日(金))

【第7回MMD杯本選】暑い夏の夜には春香さんで対象a:

  【第7回MMD杯本選】暑い夏の夜には春香さんで対象a
 静の演出 モモトトさん。

  • 「MMDモーションPV」「赤と黒と静寂と情熱」「フルスクリーン推奨」「春香さん」
  • 儚く美しい春香さんのPVです。そう、美しい、という言葉がとても似合うのです。
  • 特筆すべきは、全体が醸し出す雰囲気です。モモトト氏の動画はこの点が非常に素晴らしく、本作はそれが特に前面に出ています。こういうのは雰囲気を壊さない配慮と、雰囲気を出す配慮の両方があって成り立つのでしょうね。構図、カメラワーク、タイミング、曲の雰囲気と映像のマッチング、配色、モーション、ステージ演出、春香さん、どれか1つというのではなく、どれもが気を配られ、お互いに相乗効果を出しています。そんな今にも壊れそうな上に立った雰囲気は儚さを感じ、そして静かな迫力を感じるのです。
  • 過去に書いたエントリ(2011年08月22日(月))

///異色作、可能性に満ちた動画(2):

日刊萩原雪歩 ソロ 『目が逢う瞬間(とき)』 スノーフレークリリパット:

  日刊萩原雪歩 ソロ 『目が逢う瞬間(とき)』 スノーフレークリリパット
 雪歩スキー マイクラ動画も雪歩 うずらP。

  • 「ノーマルPV」「日刊萩原雪歩」「雪歩」
  • 雪歩成分を日々補充してくれる日刊雪歩です。その100回を記念に選びます。そろそろ 200  300回です(1/17訂正)。
  • 雪歩は2になって特に好きになりました。無印までは殆ど無関心だった反動もあり注目もしています。そんな雪歩成分を定量的に届けてくる日刊は実に素晴らしいと言えます。
  • 最近はうずらPのリアル事情から日刊では無くなっていますが、日刊に拘らずマイペースで続けていただけたらと思います。

ライブ中のアイドル達【如月千早・天海春香】:

  ライブ中のアイドル達【如月千早・天海春香】
 1人メディアミックス かもっぱちP。


///トリ組(1):

 私が特に感じ入った動画です。
  1. アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル  散髪屋P

アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル:

  アイドルマスター2 情熱のうた/カラーボトル
 熱血 散髪屋P。

  • 「ストーリーPV」「FIRE BALLフェスに挑むアイドル達」「オールスター」
  • 歌詞をうまく拾って映像化し、アイドルマスター2ゲーム本編のストーリーを凝縮したストーリーPVです。しかもオールスター! アツイです、非常にアツイです。最後とかオーバーヒートしそうです。
  • 歌詞を非常に良く拾って映像化しているため、ノベマスをPV化したかのようです。
  • 彼女らの多くは10代あるいは20代前半にしてプロであり、社会に出てプロ意識を持ってアイドルをしています。それぞれが異なった理由でアイドルを始め、それぞれが夢を持ち、その夢を追い、現実に直面し、挫折をし、あるいは乗り越えていきます。その泥臭くも真っ直ぐな姿に私は感動を覚えます。
  • 若いから未熟ですし浅はかです。でもそこに目を向けて成長していきます。結構、嫌なことですよね。未熟な部分に目を向けるのって。笑われたりすることもあるでしょう。自分で自分が恥ずかしくなることもあるでしょう。それでも前に進めるのは夢があるからなんだと思います。
  • そんな人が1人ではなくフェスで一同に会して競うようにステージを魅せるのですよ。これが燃えずにいられますか!! 叫んじゃいますよ!!
  • 本作はそんなアイドルの姿を描きだし、あまつさえ大盛り上がりのフェスステージを演出しました。こういう動画を見るたびに、アイマス好きで良かった!って思います。
  • 過去に書いたエントリ(2011年12月14日(水))
  • 過去に書いたエントリ(2011年12月15日(木))

///サムネ一選(1):

 このサムネから漂うオーラはただ事ではありません!
  1. (サムネ一選) アイドルマスター 第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」  アイドルマスターアニメスタッフ(チャンネル:アイドルマスター)

アイドルマスター 第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」:

  アイドルマスター 第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」
 1108P アイドルマスターアニメスタッフ。

  • ベストショットじゃないですか。やよいはかわいいなぁ。
  • ネタ重視の傾向にあるサムネ一選ですが、一視聴者としては内容を如何に表して惹きつけてくれるか、を重視したいです。アニメの場合サムネの選択に統一性を感じなかったので、この回はよくぞ選んでくれました、という感じでしたが。
  • 試聴出来ないものは選ばないようにしているのですが、サムネ一選はサムネを見て貰うモノなので、これで。
  • ってブログパーツだとサムネも表示されないのですね。マイリスト上だとまだ見えるのですが。ってことでマイリストの画像を貼っておきます。
  • 試聴はBD/DVDかバンダイチャンネルまたはXBOXLiveZuneで出来ます。


*1: 但しブログ向きなものを選んでいます。

#3 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス][イベント] 2011年下半期ニコマス20選:次点記事

 最後まで悩んだ作品です。こちらは順不同です。

under79(雪歩 紙):「iM@S KAKU-tail Party 6」 4th night E:


 under79さん。


あいます笑本つひの雛形第一集改(第一、二,三図):


 くろりちんさん。

  • アイドルマスター+葛飾北斎(春画)という異色動画です。そんな組み合わせ誰が思いつくんだという突っ込みと思いついても出来る人いないだろう、という気がしてならないのですが、これはそんな動画です。

アイドルマスター MASTER ARTIST 2 ノンストップメドレー FINALE:


 syu-kaP。


【MAD】 世界でいちばん頑張ってる君に 【THE IDOLM@STER】:


 k.t.Aki@つーさん。

  • 春香さああああああん。人一倍周囲を元気づける春香さんがこれを歌う、人一倍頑張っている姿が見える春香さんがこれを歌う。人一倍頑張ったアニメ春香さんが映る。

アイドルマスター 「Nautilas」:


 Tataguさん。


【第7回MMD杯本選】FIGHTM@STER 前篇!!:


 SOPAさん。


【MMD】氷河 白鳥座の聖闘士かと思ったら蒼い鳥だった モデル配布:


 鎌*renn*さん。


アイドルマスター2 天海春香 Colorful Days バストアピール:


 野武士P。

  • じーっ。

【ラフタイムパンチラシリーズ特別編】全部美希【今回はミク衣装】:


 ダルトンP。

  • relationsの小気味良いテンポに合わせてパンチラがカットインで舞います。

【第7回MMD杯本選】 俺のS4U!がどうもおかしい:


 PS3は匿名課さん。


アイドルマスター2 夕日に輝く「Diamond」 G4U:


 マドギワP マドギワPの嫁P。

  • 夫婦動画。嫁が撮影して演出を決め、夫が編集。G4U動画もシンクロとか出来るのですねぇ。面白かったです

アイドルマスター 第1話「これからが彼女たちのはじまり」:


 1108P アイドルマスターアニメスタッフ。

  • 私にとってアニメは今期外せない話題でした。しかし現在はニコニコ動画上で試聴出来ないので泣く泣く除外対象になりました。
  • 仮に入れる場合はこの1話になります。
  • 印象に残った回でいうと迷いますし、試聴回数でいうと別の回になるのですが、この回は特別な意味がありました。
  • 端的に言うとアイドルマスターアニメを観ようと決心させた回だったのです。
  • 初めはゆるーい気持ちで1話くらいは見るかと思っていた程度でした。観たのもX1turboZのアナログモニタで観る程度。アナログ停波後はいいや、くらいの気持ちだったのです。ところが余りにも予想以上に面白いので、急遽地デジチューナーを買い、DLNAサーバを買い、BD全巻購入を決めさせました。
  • そういう意味で、自分にとって特別に魔性の回となっています。
  • 良い機会なので、20選とは別枠でアニメ全話について振り返ってみました。→ こっち


#4 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス] アイドルマスターアニメ全話を駆け足で振り返る

 関東はアニメ放映も終わりましたので、区切りも良いので全話を駆け足で振り返ってみます。
 観ていない人にとって、ただのネタバレですのでご注意を。
 観ている人にとって、当たり前のことしか書いていないのでご注意を。
 当ブログではいつものことですね。

アイドルマスター 第1話「これからが彼女たちのはじまり」:

  • 記念すべき第1話です。前述の通り、私の生活を変えやがった悪魔のような良作です。

アイドルマスター 第2話「“準備”をはじめた少女たち」:

  • アイドル全員の魅力を時間をうまく使って伝えているのが印象的な回でした。

アイドルマスター 第3話「すべては一歩の勇気から」:

  • アニメで最初のライブ回です。雪歩のALRGHT*シーンが最高でした。

アイドルマスター 第4話「自分を変えるということ」:

  • 地方ケーブルTV番組「ゲロゲロキッチン」回です。段々アイドルの仕事をやるシーンが増えていきますが、まだまだ弱小事務所らしいものです。また、なによりアイドル達が慣れておらずギクシャクしています。彼女らは最初から完璧なわけがないのです。ゲームで言う低ランク時代ですね。

アイドルマスター 第5話「みんなとすごす夏休み」:

  • 水着&温泉回です。そして『みんなとすごす』、アニメで大きなテーマになっていくこのことを最初に取り上げた回でもありました。

アイドルマスター 第6話「先に進むという選択」:

  • アニメを見始めて2度目の青天の霹靂回でした。私はどこまでアニメ版を見くびっていたのでしょうか。「ここまでやるの?!」と本気で思った回その2でした。まさにアイドルマスターの回でした。そう、プロデュース回という意味で。
  • 過去に書いたエントリ(2011年08月13日(土))

アイドルマスター 第7話「大好きなもの、大切なもの」:

  • やよいの家庭がアニメ化されました。なんかもうそれだけでお腹いっぱいです。

アイドルマスター 第8話「しあわせへの回り道」:

  • あずささんの迷子と結婚回です。一般的には石油王回かもしれません。ハチャメチャ展開も出来るんですね。

アイドルマスター 第9話「ふたりだから出来ること」:

  • 双子のトンでも回です。全くなにをしでかすのか予想が付かないですね。最後のオチも。

アイドルマスター 第10話「みんなで、少しでも前へ」:


アイドルマスター 第11話「期待、不安、そして予兆」:

  • 1クール目ラストへの繋ぎ回、という気がどうしてもしてしまいます。春香さん回扱いのようですが、それもなんか中途半端で・・・。アニメの春香さんは結局春香さん個人の部分までは突っ込んでいかなかったですねぇ。春香さん回=765プロ回という感じ。

アイドルマスター 第12話「一方通行の終着点」:

  • これも1クール目ラストへの繋ぎ回です。とはいえこちらは美希のアイドルへの想いを決定づける大事な回でした。放映前は移籍がチラついて、気になっていたのを覚えています。アニメがそれを採用しなくて心底ホッとしています。

アイドルマスター 第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」:

  • 1クール目ラスト回、大規模なライブ回になりました。この回の構成は秀逸で、かつ非常に盛り上がるので、何度も何度も観ました。特にニコニコ配信でコメント付きで観るのがとても楽しい回でした。

アイドルマスター 第14話「変わりはじめた世界!」:

  • ここから2クール目です。新OPのCHANGE!!!!が非常によく似合う世界が変わり始めた回でした。

アイドルマスター 第15話「みんな揃って、生放送ですよ生放送!」:

  • 生っすか、サンデー回です。これも何度観たことでしょう。TV放映からニコニコ配信終了までほぼ毎日のように観ていた気がします。

アイドルマスター 第16話「ひとりぼっちの気持ち」:

  • 演出上の嘘が下手だった。または笑いに昇華できていなかったのが残念。

アイドルマスター 第17話「真、まことの王子様」:

  • 物事には順番というものがあるので仕方がないのですが、思いっきり格好いい真や、tearsでみせた思いっきり色気もある真も観てみたかったです。

アイドルマスター 第18話「たくさんの、いっぱい」:

  • アニメスタッフ、ありがとう!!!! ゲーム本編はもう取り返しが付きませんが、少しだけ救われた気がしました。あのライブステージは涙を抑えることが出来ません。

アイドルマスター 第19話「雲間に隠れる月の如く」:

  • 貴音をうまく表現しつつ、結局貴音って何者よ、に落ち着く不思議な回です。惜しむらくはEDに新曲が来なかったことと、ラストを20話の繋ぎに喰われたことですね。あれはやっぱり勿体なかった。20話の繋ぎは、EDの後か、予告と繋げる形のほうが良かった思います。

アイドルマスター 第20話「約束」:

  • うまく言葉になりません。何度観たことか、何度涙したことか。本当に、本当に、アイドルマスターアニメを見続けてよかったです。

アイドルマスター 第21話「まるで花が咲くように」:

  • 20話に続くボーナス回とでもいいましょうか。あの20話に続く回は非常に難しかったと思いますが、うまいこと繋ぎました。更に、暗に待ち望んでいた展開になって大喜びの回でした。

アイドルマスター 第22話「聖夜の夜に」:

  • ここから最終回までが直接繋がっていますね。この話し自身はクリスマス回です。5話と対比にもなっています。そして雪歩誕生日回でもありました。

アイドルマスター 第23話「私」:

  • 今まで微妙にスポットが当たらない春香さんをずっと撮り続ける回です。春香さん回、なのかなぁ。演出と構成に唸るモノがあり、直接語らずに多くのことを語るシーンが散見する回でした。そう言う意味で大好きな回なのですが、春香さんが不憫で手放しで喜べない回です。
  • ちなみにニコニコでは一度 誤配信 されていました。

アイドルマスター 第24話「夢」:

  • 時間がとれなくてまだ数回しか見られていません。やっぱこう、辛い回ですね。そして最後は自分なりに消化できない感じでモヤってます。23話が春香さん回だとしても24話は765プロ回になっちゃった気がします。春香さん個人の魂はどこにあるのよ・・・。

アイドルマスター 第25話「みんなと、いっしょに!」:

  • 時間がとれなくてまだ1回しか見られていませんorz でも最高だったのは覚えています。いまはただ、ゆっくりと何度も観てみたいです。



2012年01月10日(火) [n年日記] 今日は何の日

#1 [ゲーム][アイドルマスター][ニコマス] 最近みて気になったニコマス動画

星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』4:

  星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』4
星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』4  星井菜緒のいる765プロ 序章 第1話『春香と千早、幼なじみの再会』4

 イマジンP。

 問題が広がって踏み込んでいく回です。
 掘り下げていくと春香さんにとってキツイ展開です。やむを得ないのですが。一方の千早の方がやけにアッサリしていると思ったら、こちらはこちらで色々覚悟していたようですね。バレバレとはいえ律っちゃんにハキハキと回答するのはちょっと違和感ありましたし。
 目立たないですけど、真っぷりも見所です。




最近の日記
以上、3 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.3/hns-lite-0.9.3, HyperNikkiSystem Project

Google
WWW を検索 この雑記 を検索

[Home] [管理人へメッセージ] [雑記にコメント] [RSS]
(c)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。